象々の本棚 美術・工芸・民芸

象々の本棚

斎藤真一 越後瞽女日記 普及版| 河出書房新社 | 画集・記録

書籍情報

書籍名
越後瞽女日記 普及版
著者
発行年
昭和50年 初版
出版社
河出書房新社
状態
ハードカバー・布装・函入・帯付、函傷み・汚れ、帯ヤブレ(写真参照)、本体背少ヤケ、表紙汚れ、天地・小口シミ・ヤケ
サイズ
函サイズ:255×201×52mm
備考
全356ページ
価格
¥3,000

※価格は全て税込みです。
※別途送料
古本商品の「ご注文方法・お支払い・配送について」はこちらをご覧ください。

斎藤真一の瞽女の記録

斎藤真一(1922-1994)は、岡山県倉敷市出身の画家。

津軽三味線の音色に惹かれ、東北地方を旅するうち瞽女を知り、その後、越後一帯の数多くの瞽女の足跡を記録し、それに基づいて瞽女の心象世界を描き続けた孤高の画家。

本書は、斎藤真一が旅し書き記した瞽女たちの記録と、彼女たちを描いた油彩作品を収録した画集。

 

*斎藤真一関するその他の記事はこちらにも*

斎藤真一の油彩画が入荷いたしました

 

斎藤真一に関する古本の買取は、古書 象々へご相談ください。

詳しくは古本の出張買取についてをご覧ください。お電話 フリーダイヤル0120-313-002メールでのご相談は古本買取のお問い合わせにて承ります。大阪、京都、奈良〜近畿一円、古本、版画、建築書、骨董など全国出張査定/買取いたします。

斎藤真一 越後瞽女日記 普及版| 河出書房新社 | 画集・記録

古本商品の「ご注文方法・お支払い・配送について」はこちらをご覧ください。

斎藤真一 越後瞽女日記 普及版| 河出書房新社 | 画集・記録
美術・工芸・民芸 2018年12月13日