象々の素敵な日記 出張買取

象々の素敵な日記

文学書の出張買取、兵庫県川西市に行って参りました

関連: ,

昭和30年代の大江健三郎、開高健、幸田文の初版本を出張買取

日本文学の古本買取なら、古書象々まで。

こんにちは、スタッフZです。

寒さ日に日に増して参ります。

さて、本日の出張買取ブログは、「日本文学の古本買取日記」でございます。

断捨離、遺品整理、蔵書整理、お家・会社・事務所の移転、そろそろ年末の大掃除…e.t.c

本のご処分にお困りの方、まずはこのブログをお読み頂き、出張買取ご相談下さい!

 

出張買取は出来るだけ迅速な対応で

11月某日、兵庫県川西市にて、昭和30年代の日本文学の単行本を中心に、出張買取に行って参りました。

実は今回の案件、ご依頼主様より前日に、当ホームページ「お問い合わせフォーム」から、ご相談のメールを頂きました。

「実家の蔵書整理をしたい」ということで、ご依頼主様も遠方より駆けつけないといけませんので、スケジュールが限られます。

当店では出来る限り、お客様のご要望に寄り添う、素敵な買取を目指しておりますゆえ、翌日のご希望でも馳せ参じた次第です。

 

日本文学の単行本を素敵に買取

さて、前置きがだらだらと長くなってしまいましたが、本題の買取品はと言いますと、お写真の通り、昭和30年代の古い日本文学の単行本が中心でした。

大江健三郎、開高健、幸田文、野間宏など、お店向きなものは早速棚出し中です!

今回の商品ですが、実は決して良い状態とは言いがたい本もあります。

何故なら、昭和30年代、50年以上前の古本です。

当然、経年劣化して当たり前。

ですが、イタミ、ヨゴレ、キズ、シミなどあっても、決して処分せず、まずは当店までご相談ください!

もしかすると貴重な初版本などが、お客様の蔵書に混ざっているかも知れません。

末永くコレクションして頂ける方へ、次のバトンを渡すため、当店では素敵な買取を実施いたしております。

 

昭和30年代のお洒落なブックデザイン

さて、今回わたくしが特筆したいのは、「昭和30年代の装幀は素晴らしい」ということです。

まずはこのお写真をご覧下さい。

 

大江健三郎「青年の汚名」昭和35年 初版 文藝春秋新社

大江健三郎「夜よゆるやかに歩め」昭和34年 初版 中央公論社

 

 

こちらは2冊ともに、佐野繁次郎(1900-1987)の装幀です。

佐野繁次郎は、大阪市出身の洋画家。

装幀の仕事もこなす、デザイナーでもありました。

本書も素敵な装幀ですね。

*補足:佐野繁次郎は大阪市東区南久宝寺出身だとか。当店からめっちゃ近いです。笑

 

そしてこちら。

幸田 文「おとうと」 昭和32年 初版 中央公論社

 

 

こちらは谷内六郎(1921-1981)が装幀。

谷内六郎は、「週刊新潮」の夕やけちゃんでも有名な画家で、たくさんの日本の原風景を心温まるイラストレーションで描き続けたアーティストです。

この装幀は、絞り染めの中に昆虫が型染めのようにデザインされた布装で、大変手の込んだ味わいある作品となっております。

 

このように、様々なアーティストの非凡な才能とセンスとアイデアで、当時の出版物にはどこか「出版愛」のようなものを感じてしまいます。

しかも今より物のない時代。

本当に良い本にしたいという、アーティスト魂も感じられ、感動しております。

装幀には、小説家の作品価値をより高め、作品世界を一層素晴らしいものにしていく、そんな力があります。

装幀家・ブックデザイナーは本当に素晴らしいお仕事だと、気づかされる素敵な買取でございました。

ただ今回、帯が無いものが多く、査定では惜しい判断となってしまったものもございました。

ご依頼主様にはご満足頂けましたでしょうか。

またのご依頼、お待ちしております。

この度は、誠にありがとうございました!

 

日本文学のみならず、外国文学などすべての古本買取承ります

古書象々では古本全般、高価買取いたしております。

日本文学・外国文学の絶版本や、美術書、版画、建築書、デザイン書、絵本、和本、骨董など、様々なジャンルを査定・買取いたします。

出張買取以外にも、宅配買取・店頭持ち込み買取など、お客様とご相談の上、買取実施しております。

皆様のご依頼、お待ちしております!

 

古本の買取は、古書 象々へご相談ください。

詳しくは古本の出張買取についてをご覧ください。お電話 フリーダイヤル0120-313-002メールでのご相談は古本買取のお問い合わせにて承ります。大阪、京都、奈良〜近畿一円、古本、版画、骨董など全国出張査定/買取いたします。

文学書の出張買取、兵庫県川西市に行って参りました
出張買取 2017年11月19日